菊花山・御前山 ~午後から楽々日帰り登山~

御前山とつく名前の山はあっちこっちにありますが、今回は大月駅近くの御前山に登ってきました。
コースタイムが3時間未満でお手軽な山でした。

日曜日の午前中、東京まで出ていたものの、もともとのスケジュールが急遽無くなり、はてどうしたものかと思っていたんですが、ふと
「そーいえば以前から気になってた御前山、今からでも行けるんじゃね?」
って思いたち、JR大月駅まで足を運びました。

私は千葉の片田舎に住んでいるので、この日は「休日おでかけパス」って割引のフリーチケットをたまたま購入していて、これが大月も範囲だったのでちょうどいいやと。

そもそも御前山に興味を持ったのはかなり前でして、登山始めた当初よく参考にしていた「今日という日は忘れずに」というブログの管理人さんがべた褒めしてたからなんですね。

ただ、登山のコースタイムが短いので「大月までの移動時間を考えるとちょっと物足りないなぁ」なんて思って、後回しになっていた山でした。

今回そんなこんなでちょうど良かったです。

登山口へのアクセス

行き:大月駅から徒歩
帰り:猿橋駅まで徒歩

今回のコースとタイム(2時間16分)

[12:50]大月駅
[13:02]菊花山登山口
[13:30]菊花山山頂
[14:05]沢井沢の頭(ピストン)
[14:20]御前山山頂
[14:37]神楽山(ピストン)
[15:06]猿橋駅

※  ※  ※  ※  ※

[12:50]大月駅
今回のスタート地点となる大月駅です。
以前登った「岩殿山」もこの駅でしたね。

普通午後になってから登り始めるなんて有り得ないんですけど、それが行けちゃうのがこの短いコースの御前山です。

[13:02]菊花山登山口
「山と高原アプリ」でこの山が収録されている「大菩薩嶺」の地図を参考に駅から10分ほど歩いて菊花山登山口へ。
お墓がありその脇に山への入口となっています。

鳥居をくぐって登山スタート!

菊花山まではそれなりの傾斜の坂道です。
一部、足場の悪いところにロープが設置されていました。

坂を登りきると・・・

富士山!!

が、ガスってるけど若干見えました。

この日は突然の山登りだったので一眼レフも持っていなく、全てiPhoneでの撮影だったので、なお写りが微妙でした^^;

登りきっちゃうと菊花山山頂まではゆるやかな道です。
こーゆー山道大好きです。

[13:30]菊花山山頂

大月駅から40分で到着しました。
お手軽ですね。

大月の町もよく見渡せます。
反対側の山は岩殿山かな。

御前山方面へ。
稜線歩きという感じではなく、一旦かなり下山してから再度登る感じで、山登り2回するような感じです。
また一部、かなり痩せた尾根のような場所があり、そこだけ注意が必要です。

御前山方面と、九鬼山方面への分岐点につきました。
こっから九鬼山方面に5分ほど歩くと沢井沢の頭という小ピークがあるようだったので、せっかくだからと行っていることに。

[14:05]沢井沢の頭

特に展望もないなんでも無い山頂です。
とりあえずピークハント!

御前山に向かってずんずんと歩いていきます。

[14:20]御前山山頂

難なく御前山山頂に到着しました。
この御前山、岩がゴツゴツとしていて、崖っぷちでなかなか高度感があります。

そして山々が綺麗に見えて、なるほどあのブロガーさんがべた褒めするだけはあるな!といった感じ。
大月市の選定する「秀麗富嶽十二景」に選ばれていないのは、ここから富士山が見えないからでしょうね。
ただ、気軽に来れる山としては確かな満足感があります。

[14:37]神楽山

猿橋駅へ向かう途中、また5分程度でピストンできる山があったのでピークハントしてきました。
こちらは特に展望もなく写真だけパシャリ。

猿橋駅方面の登山道。傾斜はきつめです。

一般道に出てきました。こから10分程歩きます。

[15:06]猿橋駅

2時間ちょっとの時間でお手軽な登山が完了しました!

大月周辺はどうしても岩殿山は、百蔵山等の秀麗富嶽十二景 系の山が有名で、こちらは影が薄いですが、
それでもこの短いコースタイムと、それなりに見応えのある山頂は、登山初心者の人を連れて行ったりするのにもオススメできます。

いい山ですよ。

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。