源泉掛け流し温泉!神山温泉オートキャンプ場へ行ってきた

日光の温泉付きキャンプ場「神山温泉(みやまおんせん)オートキャンプ場」へ電車とタクシーを使って一泊二日のキャンプをしてきました。
場所は東武日光駅から車で15分ぐらいの山奥にある神山温泉オートキャンプ場です。
去年に一度利用したことがあり、すごく良かったので今回もそこにしました。
車を持っていない身なので電車+あまり高くないタクシー料金で行ける場所ってのは魅力的なのです。

浅草駅を8:10の東武日光線の快速に乗って上今市駅で乗り換え東武日光駅へ。

食材は東武日光駅から徒歩4分のリオン・ドール日光店にて揃えました。
広めのスーパーで食材ならばひと通り揃います。
着火剤や薪等のキャンプ用品は売っていませんでしたが11月だからかもしれません。

駅に戻りタクシーに乗って神山温泉オートキャンプ場へ。
運賃は2300円でした。

受付にて料金を支払ます。
テント1張3人迄は2700円です。
オフシーズンは休日のみ運営しており完全予約制とのことでした。
この日は天候も悪かったからかお客さんは我々のみとのことでした。貸し切り(・∀・)

って事でどこでも張り放題です。

今回は天候も優れなかったので、屋根の下にテントを構えました。
ちょうどこの下にはイスと机もあったので料理も簡単です。
オンシーズンならこうは行かないでしょうけど、スペースに余裕のあるこの時期の特権ですね。

スノーピークのLand Breeze 5 高かったけど買ってよかった。

紅葉がキレイです。

お昼は焼きそばにしました。

この日天候は残念ながら回復せず小ぶりの雨がずっと続いていました。

だから持ってきたスラックラインを屋根の下で張って練習。(写真は翌日の模様ですが)
しばらく練習してないとバランス感覚悪くなってますね^^;

暗くなる前に温泉に入ることにしました。温泉はキャンプ料金は別に発生します。
また内風呂と露天風呂も分かれていて、それぞれ値段が違います。
内風呂 : 650円、露天風呂:450円です。

今回は露天風呂を利用しました。
お湯は源泉掛け流しで、少しとろとろした感じです。
目の前には紅葉が広がりとっても気持ちのよい温泉です。

夜ご飯は鮭とか入れた鍋にしました。

お酒もいっぱい飲んでこの日は8時には消灯。

2日目

朝から焚き火。若干湿ってましたがしっかり火が付きました。

朝ビール。そして、昨日残った鳥の砂肝を炭で焼いていただく。
バスや電車での移動は持ち物が大変だけど、運転の事を考えずにお酒が飲めるのは何よりサイコーです。

雨が降ったからか昨日より紅葉が進んだ気がします。

神山温泉オートキャンプ場の番犬、ナナゾウ。

その後朝ごはんを食べて早速撤収。
チェックアウト時間は10時です。

キャンプ場からは再びタクシーを呼び東武日光駅まで戻りました。
帰りは迎車料金も掛かっている為2800円でした。

せっかくなので東武日光駅のロッカーに荷物を預けて日光東照宮へ。
といっても紅葉のまっただ中で道路は大渋滞。バスに乗っても歩いても変わらなそうだったので歩いて行きました。

日光東照宮。見ざる聞かざる言わざる。

シーズンまっただ中だったのでものすごい人でした。

でもやっぱり日光っていいですね。

また行きたいなぁ。

こちらもおすすめです。 著者からの投稿

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。