電車の駅から目の前の岩殿山へ

JR中央本線の大月駅から近く、歩いていける山って事で有名な岩殿山へ登ってきました。
稚児落しという高度感の岩場もありなかなか楽しい山です。

岩殿山とは

標高:634メートル
平均歩行時間:3時間30分
総歩行距離:6.9Km

アクセス
JR中央本線大月駅から徒歩

 ※ ※ ※ ※ ※

201507290853

[08:53]大月駅

9時前に大月駅に到着。千葉から出てくると朝一でもこのぐらいの時間になっちゃいます^^;
この日はJRの「休日おでかけパス」が利用できましたのでこれを利用しました。通常よりも往復でかなり割引が効きました。

201507290858

駅を出て左の商店街を歩き少しした所で踏切を渡ります。昔ながらの田舎の町だなぁって感じがします。
ちなみに登山口までは「山ガールネット」と言うサイトが写真付きでわかりやすいです。

201507290906

途中で橋を渡りますが、掛川が立派でした。

201507290908

[09:08]岩殿山登山口

のんびり歩いても15分程度で登山口へ到着します。アクセスのいい山です。

201507290922

岩殿山は公園になっているので山頂まで非常によく整備されています。
ただ傾斜がちょっときついです。

そして7月末は糞暑いです・・・。

201507290932

201507290933-2

[09:30]岩殿山山頂

登山口から20分程度で山頂へつきます。
あっという間です。

正直、下調べ全然してなかったので、「え?」ってなりました。

でも今回の登山の目的は山頂を目指すところではなく、稚児落しと呼ばれる岩の部分を歩くことです。

その稚児落しですが、きた道の階段を中腹程度まで降りて戻った場所からの分岐から向かいます。

僕は全く調べていなかったので、そのまま山頂の先まで向かってしまい、あまりに登山道が荒れていた所から「おかしい」と気がついて戻りました^^;

201507290948

ある程度きた道を戻ると稚児落しへの分岐路があります。
このルートへ向かったらお爺さんに「そちらへ行くなら気をつけててねー」と注意されました。
はい、気を引き締めて向かいます。

201507290957

201507291003

201507291005-2

少し歩いた先にさっそく鎖場が出てきました。

特に危ないわけではないのでグイグイと進んでいきます。

201507291011-2

 

少し細い道。
高所が苦手な人だとちょっと怖いかも。

晴れていれば鎖を捕まって特に問題なく歩いて行けます。

この山は全般的にそうですけど、雨だと滑って危なそうな箇所が多いので行きたくありません。

201507291040

[10:40]稚児落し

お目当ての稚児落しへ到着です。

201507291043-2

写真ではわかりづらいですけど、この左がもう崖になっています。
そして奥の崖の部分も歩きます。

201507291054

奥の崖の上から他の登山者を撮りました。
なかなか怖いでしょ?

201507291049

景観の良い場所でビール。

この日はともかく暑くて、全身ぐしょぐしょだったので、麦酒が身体に染み込みます。

201507291126

[11:26]登山具口

稚児落しからさらに歩いて別の登山口へ。
ここから大月駅までは歩いて30分です。

201507291131

201507291143

201507291132

マクロレンズを買ったのが嬉しくてなんとなく撮った写真。
マクロ難しいです・・・。

 ※ ※ ※ ※ ※

この山春の桜が有名らしいです。あと天気が良いと富士山がよく見えるんだとか。
今回は残念ながら富士山は見えなかったんですけど、次回は春先の涼しい時期にもう一度訪れてみたいです。

こちらもおすすめです。 著者からの投稿

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。